No.0048_0008

竜田川道

葬式の食事の準備

1965(昭和40)年

古写真についての斑鳩町民の記憶

葬儀を手伝う人は、40~50人
白飯はカマドで薪を使って男性が炊いた。
携帯用のカマドと大鍋は寺から借りてきて外庭に据えた。

その他メモ

井戸ポンプ 大鍋 樽 お櫃

<献立>
葬儀前:かやくご飯(あげ・人参・里芋・牛蒡・こんにゃく),豆腐の味噌汁,漬物
    (味噌汁の豆腐は包丁を使ってはならず、木の杓子で潰した)
墓で穴掘りをしてくれている人には酒,煮物(ぜんまい・ひじき・ひろうす)を持って行った。
埋葬後:煮物(ぜんまい・ひじき・ひろうす),酢の物(季節の野菜),白飯
埋葬後の食事を「しあげ」といい、葬儀の手伝いをしてくれた人に葬儀を出した家族と親戚が接待する。

撮影・写真提供
撮影者:不明
提供者:住民提供
撮影時期
1960年代頃
撮影場所
神南3丁目