当麻道

竜田神社から達磨寺(王寺町)を経由し当麻寺(葛城市)まで伸びる奈良盆地の南への基幹となる街道で、斑鳩町内には道標が多く残っています。