服部道

昭和(初期)2年に法隆寺駅から西へ延びる道が開通しました。明治23年に駅は出来ていたものの、興留(おきどめ)・服部(はっとり)辺りが泥田であったことから開発が遅れたとみられます。現在では、さらに西へ小吉田(こよしだ)・稲葉車瀬(いなばくるませ)の集落をとおり、旧岩瀬橋あたりまでをさします。