イツボ川道

法隆寺西門から南にある目安(めやす)の集落まで通じる古い水路に沿って造られ、農民の道だったようです。