太子学問の道

聖徳太子が膳妃と住まれたとされる伝・葦垣宮(成福寺)より、中宮(現・中宮寺跡)東側の幸前集落を通り岡本宮(法起寺)までの道です。聖徳太子が法華経を学ぶために通った道との伝承があり、かつては松並木が続いていたと伝わっています。