竜田街道 – 西

古くは竜田道とも奈良街道とも呼ばれた斑鳩のメインストリートの西部分です。
竜田神社を中心に開け、竜田市(たつたいち)の繁栄と共に西へ延び、江戸時代には100軒を越える商家が竜田大橋まで並んでいました。明治時代には竜田町役場・警察などがおかれ、平群(へぐり)郡(現生駒郡)の中心地でした。