竜田街道 – 東

古くは竜田道とも奈良街道とも呼ばれた斑鳩のメインストリートの東部分です。
この街道の中心地である並松(なんまつ)は、江戸前期に成立し、旧法隆寺村の中ではもっとも新しい町ですが、昭和の頃には西の竜田町をしのぐ商店街に成長し、「斑鳩銀座」とよばれました。斑鳩東小学校を通り富雄川まで続いています。